プロポーズの前に

婚約指輪は女性によってあこがれのものです。今では婚約指輪を渡す男性が半分ぐらいといわれています。以前は結婚を申し込んだ証として、結婚式までの間身につけるものとして選ばれていました。しかし最近では経済状況や使用する期間の短さなど現実的に考えていらないという判断をするカップルも多いです。そのため婚約指輪をもらうということは昔に比べるとさらに特別感があるものとして扱われます。

そこで婚約指輪を渡すタイミングとして一番多いのがプロポーズの時です。婚約指輪はそのほかの贈り物とは異なり、結婚を誓う相手に送るものです。今は昔のように結納を行う人が少なくなっている分、婚約期間を示す一つの方法としても活用されています。

プロポーズは女性にとってだけでなく男性にとっても特別なものです。生涯共に歩みたいという思う人に対して結婚を申し込み、その気持ちを形に変えて送るのが婚約指輪です。プロポーズの日にちがある程度はっきりしている人は逆算して最低でも3か月前には婚約指輪を選びに行きましょう。婚約指輪の場合、ダイヤモンドを使用していることがほとんどです。ブライダル専門店ではダイヤのルースを選びそこからデザインを選ぶことが多いです。既製品で準備する人少ないためある程度の時間の余裕が必要になります。

おおよその製作時間

婚約指輪はプロポーズの時に渡す人が多いです。プロポーズは基本的に男性から女性に結婚の申し込みをするという行為です。そのため男性にとってプロポーズはいろんな覚悟が必要になります。男性として家庭を作ること、女性を守ること、将来生まれてくる子供をだいじにすること、そしてお互いの身内を大事にすることなどがあります。結婚とはいろんなことをひっくるめて覚悟をしなくてはいけません。その覚悟をより一層高めるのが婚約指輪の存在です。

婚約指輪は、ダイヤモンドで作られていることが多く、宝石の中でも最も固いといわれています。ダイヤモンドのように固い絆で結ばれるという意味合いがあり選ばれています。婚約指輪はダイヤモンドのルースから選ぶことも多く、気に入ったダイヤを決めてそれに合ったデザインを決めなくてはいけません。デザインはある程度お店によって個性の違いなどもあり、好きな雰囲気のお店でオーダーをすることがおすすめです。お店の規制のデザインであれば1カ月から2カ月程度で完成します。

しかし中には自分でデザインを決めて依頼する場合や、イメージを伝えてデザイナーに依頼する人もいます。そう言った場合は、打ち合わせの回数や製作段階での確認作業が増えるため、3か月から余裕をもって半年近く前から婚約指輪の準備を始めましょう。